バオバブオイル

バオバブ種子油はアフリカの乾燥地帯に自生する巨大な樹木に実る、果実の種子から抽出された美容オイルです。

バオバブは「生活の木(Tree of Life)」とも呼ばれ、伝統的に幅広い用途があります。食物、水分源、繊維、そして伝統治療薬として、果実、幹、葉、種など樹木全体が役立ちます。種子油は古代よりヘアケアや皮膚保護に使われてきました。オメガ6、3、9 が豊富に含まれており皮膚の再生効果が期待できます。

▶基本データ

INCI名
Adansonia digitata seed oil
全成分表示名称
バオバブ種子油
CAS番号
91745-12-9
認証
ECOCERT Organic
原産地
南アフリカ
抽出方法
コールドプレス(低温圧搾)
ヨウ素価
60 − 100
過酸化物価
9以下
酸価
1.3以下
入り目
23キロ、190キロ

▶脂肪酸組成

▶︎特徴・効能

バオバブ種子油はビタミンA・D ・E ・Fを含み、皮膚の保湿、再生、引き締めの効果が期待出来ます。保湿力が高いオレイン酸と皮脂細胞膜を作り皮膚を保護するパルミチン酸が主な脂肪酸組成で、比較的しっかりとした重厚な使用感です。

▶クリーンビューティーへのこだわり

当社の提携工場では、近隣コミュニティの住民が集めた野生のバオバブと自社農場で栽培したバオバブから採取した両タイプの種子を使い、野生原料活用におけるコミュニティ参加を促進しています。そのように収穫した原料を自社工場で丁寧にコールドプレスした、エコサートによるオーガニック認証オイルです。