アフリカン・ワームウッド

アフリカ漢方で最も使われている、抗酸化・抗免疫作用が高い薬草の精油。
抗免疫力の評判から、2年前からアメリカでの需要が急上昇。

ヨモギ属のアフリカ固有種の多年草。葉は白銀色の綿毛に包まれており、1月〜6月に地味な黄色い花をつける。北部アフリカ及び南部アフリカに幅広く生息するが、地域によって植物成分は異なる。標高2440mの山地斜面、小川や森林の端に自生する。本製品の原料はエコサート認定の農園で自家栽培されている。

アフリカの伝統自然療法に最も良く使用されている植物である。免疫作用や抗炎症作用に定評があり、マラリア、糖尿病、せき、風邪の治療として使われる。葉を煮出したものを経口摂取したり、葉を煮出した蒸気にあたるという治療法が常用されている。

african wormwood

アフリカン・ワームウッド

▶︎基本データ 

INCI名
Artemisia Afra Plant Oil
生産国
南アフリカ
抽出方法
水蒸気蒸留法
使用部位
葉、花、茎
認証
ECOCERT, USDA ORGANIC
香り
深くて甘いハーブのような草本系の香り。ぴりっとした樟脳系の香り

▶植物分類

種名
Artemisia afra /アルテミシアアフラ
通称
African Wormwood, Imphepo
キク科
ヨモギ属
主な成分
α- thujone
Artemisia ketone
Artemisia acetate
1.8 Cineole

▶︎特徴・効能

抗酸化・抗免疫作用

アルテミシアアフラは、抗酸化作用が高い植物である。その精油には、非酵素脂質のリポソーム内での酸化に対する抗酸化作用が生物検定により実証確認された。抗免疫作用についても期待が高く、ジンバブエではHIVの自然治療薬として検証実験が行われ、一定の効果が確認された。

抗菌・抗カビ・抗炎症作用

本精油にはテルペンが豊富に含まれ、細菌や真菌の抑制作用があることが確認されている。黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、バチルス属菌、イースト菌類、に対する抑制効果が実証実験により確認されている。

精神安定作用

本精油に含まれるフラボイドの作用により、精神安定(鎮静)や中枢神経活性の効果が確認されている。

注意事項:使用過多の場合、吐気等を催す場合があるので注意。

african wormwood